スタジオ 梶大吉

-梶大吉のオフィシャルサイトです-
教授になってしまった!

デザイナーの友人から届いたメール

 

△!$〜〇?〜#◆〜<*〜*+△!$〜〇?●〜#◆!’◎〜<*〜<*〜*+△!

 

この前、夢に梶さんが登場されました・・・

状況設定は、僕は大学5年生(どうも留年しているらしい)で、
就職先は決まったものの単位が足りてない事、忘れてるみたい。
大学の教室で、友達と会話しているうちに、その事実を思い出し
「足りない単位を取るために留年したのに!何やってたんだ!!」と絶望感を夢ながら感じ取る・・・

そこに大学教授が近づき、
「このセミナー受けたら、単位あげるよ!」(笑いながら)
セミナーの内容を確かめたら、簡単な広告のデザインが課題だった・・・
ん?こんな事で単位がもらえるんだ!
だったら留年なんかしなくてもよかったのに〜!

絶望感から安堵感に移って、最後に後悔する自分・・・
みょ〜な気持ちで目覚めたんですけど、
その助け舟を出してくれた大学教授が、梶さんだったんです。(笑)
 

| - | 07:58 | comments(0) | - | pookmark |
年賀はがき

長男誕生から彼が小学生の頃までは、年賀はがきは家族写真を使用した。

先日古い年賀状を整理していたら、宛先不明で帰ってきた年賀状が保存されており、11種類のハガキの写真部分を切り抜き貼り合わせ額にいれた。年賀状に使用しただけあって選りすぐりであり一枚一枚に家族の思い出が詰まっている。

| - | 18:14 | comments(0) | - | pookmark |
朝食会で

インターネットによる情報化社会は、人体の脳の構造に似ている。

でも脳に比べて重大な問題がある。

インターネットによる情報は、一度拡散した情報は消すことが困難で、

脳の様に不必要な記憶が消えていく機能がない。

 

 

| - | 17:51 | comments(0) | - | pookmark |
銀座でちょっと一杯

土曜日の夕刻、日比谷を歩いていたら大学の同期にばったり会う。大学に残り教授をしている彼、皇居でランニングをした後、銀座での同期会に向かう途中だという。ちょっと一杯飲まないと誘われて、30分だが楽しい会話が続いた。会話の中、入学式や卒業式の会場となった日吉記念館が取り壊されたという。7年通ったキャンパスの思い出深い校舎、ちょっと寂しい気もする。いつの間にかビール一杯が二杯になっていた。

| - | 10:36 | comments(0) | - | pookmark |
コンタクトレンズ

2週間前の右目に続き明日は左目の白内障の手術、今日装着するのが人生最後のコンタクトレンズになる。 

小学校と中学校はメガネ、高校から約半世紀コンタクトレンズのお世話になった。最初にコンタクトを目に入れたのがハードて、その後ソフトになり、更に使い捨てになり格段に便利になった。それが今は目の中にレンズを埋め込むとは驚き。

| - | 12:00 | comments(0) | - | pookmark |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ