スタジオ 梶大吉

-梶大吉のオフィシャルサイトです-
レトロに記録

| - | 18:30 | comments(0) | - | pookmark |
ステンカラーコート

カーキ色のステンカラーコートが好きになったのは男子高校に入ってから。おしゃれな先輩は高級品のバーバリーも当たり前に着ていた。当時はライセンス生産のサンヨーバーバリーも出始めたころで、襟が高く・ウエストを絞り・斜めフラップ付のコートは斬新で若者らしいコートだった。

 

結婚してステンカラーコートを買おうとすると、家内から「既に持っているのに同じものばかり買うの」と注意を受けた。言われてみればその通りだが、でも好きなモノはしょうがない。

 

先日家内からあなたは冬に着るコートがないと言われて強制的にデパートに。ウールコートなど「あなたはこれは着ないわよね」と消去式に選んでいったら、結局、ライナー付のステンカラーコートになってしまった。残されたのは黒とカーキ色の2着、店員の「お客様はこちらがお似合いで」の一言でカーキ色に決定。支払い時に値段を改め見たら、黒よりカーキ色の方が価格が高かった。実は価格で店員が進めたのかもと妙な詮索も。

 

クローゼットにカーキ色のステンカラーコートが並び、気持ちも豊かに。

スプリング2着・ライナ2着・リバーシブル1着、着る時期が異なるのだ。

懲りないのか、5着すべてお気に入り。

 

| - | 07:12 | comments(0) | - | pookmark |
どうせなら派手に

携帯電話カバーを買う。

黒い鞄が多いのですぐ見つかる様に存在感ある赤を

| - | 09:43 | comments(0) | - | pookmark |
シャンペン・ラベル

30年前から飲んだラベルを保存している。

同じ様に見えて少しずつデザインが変わっている。(左が古い)

 

POMMERYは細かく何度も変えている。

MUMMの位置が変わっている

ROEDERERの位置も変わっている

文字の配置が変化している

デザイン同じだがオレンジの色が濃くなった

MOETも黒いベルトがついた

ブランドイメージを強調し、デザインがシャープになってきている

 

でも知る限り、唯一変わってないのがドンペリである。

 

 

 

| - | 12:00 | comments(0) | - | pookmark |
何という曲

何度も観る映画がある

「しのび逢い」、今まで一番繰り返して観てきた映画かもしれない。

オスカーワーナーが指揮者を演じ、

愛人との出会い・別れ・再会を描く単純なストーリ−。

音楽は大好きなジョルジュ・ドルリューが担当

きれいな映像に合わせ印象的な曲が流れてく。

でも毎回興味をそそるのがその中の1曲、

指揮者が深夜自宅に帰り、レコードジャケットから一枚取り出しかかる曲。

ドイツグラムフォンのジャケットがちょっと見えるが

タイトルが何か解らない。

1968年イギリス

 

| - | 09:17 | comments(0) | - | pookmark |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ