スタジオ 梶大吉

-梶大吉のオフィシャルサイトです-
<< i-phone 水没 | main | メンテナンス >>
NHKBS 周恩来

デジタル波に変わる際、DVDレコーダーも買い換えたのでBSの録画が可能になった。
家内が録画していた「家族と側近が語る周恩来」(NHKBS4回シリーズ)を連休中に観る。見ごたえのある特集で、今まで知らなかった中国の歴史が、周恩来を通じて色々と理解できた。
毛沢東時代、共産党の成り立ち、日中国交なとが時系列で理解できるのも嬉しい。


共産党の一党支配、初代の総理と言えども自由にならず辛い決断の連続だったことが 淡々と側近や家族の証言から浮き彫りにされる 。

この番組を見て感じたことは、日本の総理はコロコロ変わが、真のリーダーの不在である。どの政党を選んで政治を託すのではなく、誰がリーダーとなって日本を変えていくかだ。政党間の揚げ足とや、派閥争いにりに終始する政治、その仕組みにはうんざりするし。

どんな素晴らしい報道番組でも一方的に信頼するとこは危険である。このにわか知識をもとに中国に造詣のある佐藤さんに 根掘り葉掘り聞くのが楽しみだ。

| - | 11:19 | comments(1) | - | pookmark |
8月の耳よりの会は佐藤泰子さんでした。周恩来は得意分野だそうです。
| ハム助 | 2011/08/27 4:57 PM |










     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ