スタジオ 梶大吉

-梶大吉のオフィシャルサイトです-
<< 斉藤哲雄 先輩 | main | 高知 → 大阪 → 京都 → 名古屋 >>
斉藤哲雄さん 海外
 

斉藤さんの海外展開には何度も視察させてもらった。

見に来いと言われる以前に、押しかけていったキライがあるが。
クアラルンプール・ハルピン・ロスにいった、樺太に行こうかと何度か誘われたが実現しなかった。

斉藤さんの海外でのスタートは、クアラルンプールでのサイトウアカデミーだった。海内と取引するのではなく、縁故もないままその都市にいって事務所を開き、法人登記して、数ヶ月そこに住んでそこから何をしようかと検討するのである。商売をゼロからスタートさせた斉藤さんにとっては、それが当たり前であった。ロスにいった時はビジネスをスタートさせてない頃で、現地の電話帳の職業欄を丹念に見ながら、アンダーラインを引いて何をしようか思案している最中だった。いずれにしても時間の経過と共に現金が先に出て行くので真剣勝負だ。海外で一人、そんな毎日だったの相当の孤独感はあっただろう。海外でも、いつも中村天風さん本は携帯していた。

日本に帰り早々に電話をもらって飲んだ時、突然「大ちゃん、おかしくないか? 俺たちが当たり前のように日本人だけで日本語で話あっているのが。数日前にクワラルウンプールで夕食した時は、56カ国の人が普通に同じテーブルで食事して、国籍が違うので会話も通じない人がいる。それが普通で、世界はそうなんだ」

それを聞いた私は、カルチャーショックだった。

 

一年位連絡がない時もあるが、昨日会ったような感じで親しく電話がかかってくる。

私も間違っても久ぶりとは言わない。

「今週の○○日空いている。俺、英国大使館で演説するんだ。来れる?」何の説明のなく、言われるままに麹町の英国大使館へ。斉藤さんがケンブリッジと契約して、日本での小学生以下の英語検定の認定が取れて、そのお披露目のレセプションが大使館であったのだ。大使館関係やマスコミの見守る中そうそうと英語で話をした斉藤さんはカッコ良かった。後で聞くと、あの名門
ケンブリッジに何の縁や紹介もなく飛び込みで英国までいき契約にこぎつけたそうだ。

| - | 16:49 | comments(1) | - | pookmark |
梶社長、先日は父の葬儀にご参列いただきありがとうございました。
熊本先生から梶社長のご活躍を聞き、ネットで調べましたところこちらにたどり着きました^^

父の記事を見て、感動して泣いてしまいました。とても嬉しいです^^ありがとうございます。

また今後ともどうぞ宜しくお願い致します。
| 斉藤麻希 | 2010/11/15 11:46 AM |










     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ