スタジオ 梶大吉

-梶大吉のオフィシャルサイトです-
銀座でちょっと一杯

土曜日の夕刻、日比谷を歩いていたら大学の同期にばったり会う。大学に残り教授をしている彼、皇居でランニングをした後、銀座での同期会に向かう途中だという。ちょっと一杯飲まないと誘われて、30分だが楽しい会話が続いた。会話の中、入学式や卒業式の会場となった日吉記念館が取り壊されたという。7年通ったキャンパスの思い出深い校舎、ちょっと寂しい気もする。いつの間にかビール一杯が二杯になっていた。

| - | 10:36 | comments(0) | - | pookmark |
コンタクトレンズ

2週間前の右目に続き明日は左目の白内障の手術、今日装着するのが人生最後のコンタクトレンズになる。 

小学校と中学校はメガネ、高校から約半世紀コンタクトレンズのお世話になった。最初にコンタクトを目に入れたのがハードて、その後ソフトになり、更に使い捨てになり格段に便利になった。それが今は目の中にレンズを埋め込むとは驚き。

| - | 12:00 | comments(0) | - | pookmark |
白内障手術

眼科で15年位前から指摘を受けていた白内障、元々強度の近眼に加えて、この数ケ月で急に視野がぼやけて視力が落ちる。運転やデスクワークが困難になってきたので手術する。まずは右目から、2週間後に左目の予定。右目手術が終了、視界が明るくなり劇的に見えるようなる。この段階で、左右を比べるとその違いは明確。明るさ違いはiPhoneの画面ゲージで客観的に見えてくる。

右目だと右のケージ、左目だと左のケージ、これでやっと同じ明るさに見える。

手術中に点滴を受けるが人生初めての経験、これまで健康でいられたことに改めて感謝。

私の目の悪さは母親譲りだが、母の晩年は老化も加わりかなり視力が落ちていた。母も早い段階で白内障の手術を受けていたら、老後の生活がもう少し豊かであったと思うと少々胸が痛む。

 

 

| - | 14:25 | comments(0) | - | pookmark |
築地・東銀座散策、個人経営の飲食店が残る街

そして仕上げは、もんじゃの月島へ

 

| - | 17:39 | comments(0) | - | pookmark |
シルビアのいる街で

ストラスブール滞在中にこの街がロケ地になった映画「シルビアのいる街で」を思い出す。幸いネット上にその映画があり観直す。映像よりロケ地のヒント、カフェTNSとホテルパトリシアをもとに無事目的地を発見。

カフェはメイデイでクローズしていたが雰囲気は充分に感じ取れた。

| - | 15:56 | comments(0) | - | pookmark |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ