スタジオ 梶大吉

-梶大吉のオフィシャルサイトです-
愛すれど心さみしく

いつも口ずさんでしまう歌がある様に、ちょっとした時思い出す映画がある。

「愛すれど心さみしく」 とっても切ない映画である。

主人公のまわりにこれでもかと不幸な人が次々と登場、その人達に寄り添い親身になって悩みを聞きその人の為に必死に行動する。でも主人公の心情を思いやったり支える人は誰もいない。深い深い悲しみ。それでもラストシーンには、わずかだが救いがある。有名な音楽も心に浸みる。

英語版のDVDを持っているが、主人公が愛しく観てしまう。

| - | 17:24 | comments(0) | - | pookmark |
お釈迦様

牧野さんお釈迦さんの生涯の話、興味深く聞く。

小人数だったので、質問も十分にできた。そのメモ

 

 崔翔察

好きなものができると、嫌いなものができる。

右でもない、左でもない。

拘らない生き方。

 

⊇ゞ気氾学・科学との違い

 哲学や科学は理論をたて検証してく学門。

 宗教は、生まれる前や死後の世界を扱うので検証ができない学問

 だから、人間が生きていく上で重要な学問ともいえる。

 

F本の仏教

 仏教と神道(祖霊信仰)と儒教がミックスされたもの。

 インドは輪廻を信じて、遺体は焼いて捨てる。

 位牌・廟を作るのは儒教式。お墓に行けば先祖に会えるは神道式

 

た斉

 神様がいる空間(神社)に清める

 リセットする場所

 神道は感じるもの

 祖霊信仰=死んだ祖先が生きているものに影響を与えるという信仰

 

| - | 18:32 | comments(0) | - | pookmark |
鈴木喜一先生

ファイルを整理してたら、鈴木喜一先生の水彩画が額付きで出てきた。

最初に目に飛び込んできたのが、作品の裏面に愛用の万年筆で書かれた suzuki・1999.11.6 paris の文字とビールのラベル。バーの水彩画と共に雰囲気が伝わくる、旅を記憶し続けた鈴木さんらしい作品。

この作品は大好きで、会社の年賀はがきに使用したこともある。

 

昨日から鈴木さんのことが頭から離れない。市川秀人さんの紹介もあり、初対面から親しくさせてもらった。

神楽坂ご自宅での新年会に何度もお招きいただき、あゆみギャラリーでの毎回嗜好を凝らした旅の個展、神楽坂近辺の居酒屋、水彩画や写真に独特の感性を持ち、音楽のセンスも抜群。でもお茶目で子供らいい行動も魅力的。履き古されたワークシューズと穴の開いたセーターはしっかり個性を主張しているのに、でも会話はいつも控えめだった。母とも何度かお邪魔して温かく受け入れてもらった。悠君の文集。そして先生の告別式。楽しいことも、つらいことも、記憶が次々と蘇ってくる。思い出は尽きない。

 

| - | 11:38 | comments(0) | - | pookmark |
sns 

メタル便  2002年7月〜

・サービスのPR

 

スタジオ梶大吉 2005年3月〜

・備忘、メモ帳

・出来事の整理

 

総合トラック 2005年4月〜 

・経営者のつぶやき

 

フェイスブック 2012年4月〜

・発信

 

インスタグラム 2020年4月〜

・素敵な場面探し

 

続けるコツ

”堋蟯な投稿

 ノルマがないから気楽

気楽に書けるサイトから書く 

 インスタ → スタジオ梶大吉 → フェイスブック → 総合トラック → メタル便

出来事を写真に残しておく

 書く時のヒントになる。

 

読み返して楽しいのは、スタジオ梶大吉

 

フォロワーや観てる人が少ないから、好きなこと投稿できる。

 

 

 

| - | 17:36 | comments(0) | - | pookmark |
誹謗・中傷

数か月前にネットフリックスで観た「ミス・アメリカーナ」、テイラースウィフトの素顔に迫ったドキュメンタリー。誹謗中傷に悩ませるテイラースウィフト。自分らしくいることが、さらに誹謗中傷を増大させて精神的にギリギリの毎日。それでも人の目を気にすることなく、自分を裏切ることなく勇気を持って自分らしく有ろうとする姿を赤裸々に描いていく。

そして昨日NHKの駅ピアノオランダ編で、駅に設置されたピアノに数十名の若い男女が囲み、テイラースウィフトのフィアレスを合唱するシーンをみた。理解している人々、支持する人々を目のあたりにして、改めてテイラースウィフト生き様に感動を覚える。誹謗中傷の恐れると、そのレベルに落ちてしまう。それでも誹謗中傷は容赦なく鋭角に突き刺ささる。

| - | 21:23 | comments(0) | - | pookmark |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ